出題ポイントを忠実に押さえること

さて、ここからは行政書士試験対策について、「法令科目」と「一般知識」に分けて、それぞれの攻略法を具体的にご紹介していきたいと思います。
まずは法令科目についてですが、ここではどの科目についても総合的に当てはまる対策法について、そのポイントをお話ししていくことにいたしましょう。

 行政書士試験合格を考える上では、法令分野で確実に得点することが必須です。
一般知識については、例年、どうしても出題傾向が読みにくく、対策が立てづらいもの。一方で、法令科目については毎年の出題傾向に沿って学習することで、ある程度の高得点が狙えるカテゴリであると言えます。この分野で確実に得点を伸ばすことを目標に、対策を立てていくことが必要です。

 それでは具体的に、法令科目についてどのような取り組みをすればよいかと言えば、ズバリ「出題ポイントを的確に押さえた学習法」です。
過去10年程度の出題実績をもとに、どんな論点が狙われているのか、どのような問われ方をしているのかを検討し、こうした出題ポイントをベースに必要な知識を習得していくのが一番です。「行政書士試験対策には過去問対策が有効」というのは、受験生であれば皆さん一度は耳にしたことがあるでしょう。
こうした過去問重視の学習法も見方を変えてみれば、過去の出題ポイントを踏まえた対策、つまり「傾向対策」であると言えるのではないでしょうか。
合格者であれば無意識のうちに、ここでご紹介した「出題実績を重視した学習」に取り組んでいるものと思われます。

 しかしながら、過去何年分もの問題をさかのぼり、傾向を分析するのはなかなか困難であると言えましょう。
正しく流れを読み解くために、一体どのくらいの時間が必要でしょうか。分析にばかり時間をかけていては、いつになったら試験を受けられるのか分かりませんね。
効率良く合格を目指す上では、こうした分析の部分は受験対策講座に任せてしまうのが得策です。資格取得にお金をかけたくない方もいらっしゃるでしょうが、ここはある程度の投資をしてでも、省略すべきステップであると思います。
ご自身で取り組むには、あまりにも非効率的です。通信講座であれば、比較的受講料を安く抑えることが出来るのでオススメ。「講座はちょっと・・・」と言わずに、ぜひ検討されてみて下さい。