過去問ひとつ一つをしっかり理解しよう

行政書士試験対策について、具体的な戦略やコツを考えていくことにいたしましょう。

まずは「過去問」への取り組みから!“行政書士試験対策の要は過去問対策にあり”とよく言いますからね。

現状、過去問に一生懸命取り組んでいる受験生が大半だと思いますが、意外と正しいやり方で出来ていないケースも多いようなんです。

ただ解くだけはダメ!過去問はすべての選択肢を理解する

一生懸命に過去問対策に取り組む上では、当初こそ「一つひとつの設問からしっかり学ぶ」ことを意識できているものです。

でも、いつの間にか「いかにたくさんの問題を解くかが重要」というように、過去問演習の目的が変わってしまうケースも少なくありません。

確かに、取り組む問題数は多ければ多いほど、受験生にとって自信につながります。

一方で、その問題から学ぶべきことを習得しきれておらず、結果的に“ただこなすだけ”になっているのであれば、その取り組みの効果は半減してしまいます。

行政書士の過去問対策の基本は、「選択肢一つひとつに目を通すこと」にあります。

設問に対しての正答が分かったとしても、残りの選択肢をひと通り検討し、誤った記述の肢であればどこが違うのか、どうなれば正しい内容になるのかを考えていきます。

行政書士本試験では、毎年同じような選択肢が出題されることも珍しくありません。過去問演習の際に丁寧に吟味した内容が、また出るかもしれないのです。

選択肢のすべてに目を通すのには時間がかかり、なかなか骨の折れる作業ではありますが、この積み重ねこそが本試験で活きてくれるはずです。

行政書士試験過去問演習は「量」より「質」を意識すべし

さて、ご紹介した取り組みを実践する上で行政書士試験において求められるのは「根気強さ」です。

時間を費やしているわりには全然進まない、こんなことで試験に間に合うのだろうか、とモヤモヤした気持ちになることもあるかもしれませんが、ここは自分自身の取り組みを信じるべきです。

繰り返しになりますが、行政書士試験対策において、ただ量こなすだけの過去問演習では意味がありません。

過去問から学べる最大限のことを地道に習得して初めて、過去の出題を対策に活かすことができるようになります。

じっくり取り組む上で、焦りは不要です。ぜひ腰を据えて、過去問対策に臨みましょう。