行政書士試験ALL ABOUT

「街の身近な法律家」と呼ばれる行政書士。
ここまで、行政書士の仕事内容や収入面の魅力を中心にお伝えしてきました。

さてこの人気国家資格は、どのようなステップを踏んだら取得できるのでしょうか。
ここからは、試験の概要や、一発合格に直結した効率的な学習方法等をご紹介します。
以降のページで管理人が特にお伝えしたいこと。
それは国家資格の攻略法にはセオリーがあり、
勝つためにはテクニックが必要だということです!

【試験の概要】
●受験資格
年齢、学歴、国籍不問。⇒誰でも受けられます。決して簡単な試験ではありませんが、優秀な人材を輩出するよう、あえて受験制限が設けられていません。

●試験日時
毎年11月第2日曜日に実施(最終合格発表は翌年1月)

●試験科目
■法令科目(出題数46題)
・行政書士の業務に関し必要な法令等(46題)
・憲法、民法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法を中心とする)、商法(会社法)、基礎法学
■一般知識(出題数14題)
○政治・経済・社会 ○情報通信・個人情報保護 ○文章理解
※試験は全60問300点満点で構成されています。

●合格基準
以下3つの要件を、全てを満たしていることが合格条件です。
○法令等科目の得点が、満点の50%以上である。
○一般知識等科目の得点が、満点の40%以上である。
○試験全体の得点が、満点の60%以上である。

【行政書士試験の難易度】

●過去の合格率
平成19年 8.64%
平成20年 6.47%
平成21年 9.05%
平成22年 6.60%
平成23年 8.05%
平成24年 9.19%
平成25年 10.10%
平成26年 8.27%
平成27年 13.12%

直近5年では、合格率は7.76%で推移しています。単純に合格率比較になりますが、7~8%台の合格率は、下記のAクラス に当てはまります。このAクラス以上の位置づけにある資格はどれも、取得すると即職業人として活かせる資格であることがわかります。

SSクラス 司法試験(旧試験) 国家公務員I種
Sクラス  司法書士 中小企業診断士 公認会計士
Aクラス  行政書士 社労士 一級建築士
Bクラス  宅建 教員採用試験 ファイナンシャルプランナーTOEIC700点