テキストはどこでも勉強できる本を選ぼう!

既にお話ししている通り、これから行政書士試験に挑戦する受験生であれば、テキスト選びにこだわりましょう。

皆さんが選ぶべきテキストの特徴として、前ページではモチベーション維持の観点から「色がたくさん使われていて、見た目に明るい雰囲気」「文字の量や大きさはほどほど」「イラストや図などで分かりやすく解説されている」といった要素を挙げました。

その他にもいくつかテキスト選びの重要な観点があります。

頻出項目を中心に、無駄のない内容のものを

ひと口に「行政書士試験対策のテキスト」といっても、実際に選ぼうとすると様々種類があり、どれを購入すべきか悩まれることもあると思います。

初学者であれば、不安からつい「とにかくボリュームたっぷりのものを」となってしまうかもしれませんが、やみくもに情報量の多いテキストを選べばむしろ知識の混乱を招くことにもなりかねません。

効率良く合格を目指すためには、
・出題されるポイントのみがしっかり網羅されている
・各項目に、出題頻度に応じたランク付けがされている
・理解すべき頻出事項への解説が丁寧
・掲載内容が厳選されており、コンパクトにまとまっている

といった特徴のある行政書士試験対策テキストがオススメです。

“いつでもどこでも学べる”テキストが◎

加えて、“いつでもどこでも学べる”といったキーワードも忘れてはなりません。行政書士試験に挑戦する受験生であれば、おそらく大半は社会人だと思います。

日々忙しい生活の中では、机に向かえる時間を確保するのはなかなか難しいのではないでしょうか。そんな時、場所を選ばずに使える教材は必ず重宝するはずです。

具体的には、
・カバンに入るコンパクトサイズ
・かさばらず軽量

といった、「持ち運びのしやすさ」がカギになるでしょう。

ポイント重視かつ、いつでもどこでも取り組めるテキストを選んで勉強を進めてみてください!